2016年07月

カフェインは取り過ぎに注意なのにシミに効く?

2016年07月08日
みなさんは、朝起きた時や仕事、家事の休憩に何を飲みますか?

コ−ヒ−などのカフェインを飲む方は多いと思います。

朝起きて飲むコ−ヒ−は目が覚めたような気がしたり、
休憩の時に飲むコ−ヒ−は疲れが吹っ飛ぶ気がします。
しかし、カフェインは、神経興奮剤物質なので、取り過ぎに注意が必要です。

また、カフェインは、睡眠にも悪影響を及ぼします。
寝ている間にお肌は再生されますので、就寝前などのカフェインは控えた法が良いです。


では、カフェインはコ−ヒ−だけに入っているのでしょうか。



実は、カフェインは紅茶、緑茶、ウーロン茶、ココアなどにも含まれているのです。
そして、疲れ気味のときや残業や夜勤のときに元気を出そうと思い飲んでいる
疲労回復を目的とした栄養ドリンクにも含まれています。

栄養ドリンクは、ブドウ糖とビタミン類に、カフェイン類を加えたもので、
ブドウ糖はエネルギ−に変わり、カフェインは目を覚ましますので、
元気が出た気がしますが、実際には疲労は回復しているわけではありません。


カフェインを取り過ぎてしまうと、アルコ−ル中毒やニコチン中毒と同じように
カフェインが切れたときにイライラしたり、手の振るえなどの禁断症状を起こす
カフェイン中毒になってしまいます。


しかし、「コーヒーを1日2杯以上飲む人は、紫外線による顔のシミが少なかった」
という研究結果もでています。

体やお肌の細胞がサビる「酸化」を防ぎ、エイジングケアや健康維持には欠かせない成分の抗酸化物質ポリフェノール。
コーヒー1杯に含まれるポリフェノールは、約200〜300mgです。


そして、コーヒーに含まれるクロロゲン酸のはたらきによって、
シミの原因となる色素成分のメラニン生成が約3割抑えられるみたいです。

気になる方はコーヒ−を飲んでシミを予防するをご覧ください。



コ−ヒ−はシミ予防になるならと、何倍でも飲んでしまうと
カフェイン中毒になってしまうので、1日2〜3杯までにするのが良いです。



夏になり、水分補給が増えてしまいすが、冷たい飲み物にも注意をしてください。
冷たい飲み物は、身体の中から冷やしてしまい、お肌の代謝を低下させてしまいます。


飲み物もお肌と関係が深いので、気をつけて水分補給してくださいね。
プロフィール
管理者:お肌の健康を考えるブログ

<< 2016年 07月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
リンク集