2017年04月

働き者、線維芽細胞って?

2017年04月21日
皮膚の構造と役割を考える上で、大切な細胞があります。

それは、皮膚の本体ともいえる真皮にある
線維芽細胞です。

そんな線維芽細胞についてみていきたいと思いますが、その前にまず肌の層について説明したいと思います。

まず、私たちの肌は3つの層から成り立っています。
表面から「表皮」・「真皮」・「皮下組織」となっています。
それぞれの役割をご説明していきます。

表皮とは



名前からみてもわかる通り、皮膚の一番外側にあり、紫外線や外的刺激から肌を守る役割をしています。表面から順に、「角質層」・「顆粒層」・「有棘層」・「基底層」という4層から成り立っており、最下層(基底層)から表面へと徐々に押し上げられ、約28日間で入れ変わります。押し出された層が皮脂や埃と混じ合い、いわゆる“アカ”となって剥がれ落ちるわけです。このサイクルがいわゆる「ターンオーバー」です。

真皮とは



皮膚の本体ともいえる部分で、肌のはり、弾力の源になっています。真皮にはコラーゲンやエラスチンといったタンパク質でできた線維が網状構造を形成しており、その間にヒアルロン酸などの高分子系保水成分が存在し、水分をたっぷり含んだスポンジのような構造で、皮膚の弾力性を支えています。またこれら真皮成分を生み出しているのが線維芽細胞なのです。

皮下組織とは



皮膚の3層構造の最も下方にある皮下組織は、表皮と真皮を支えています。
脂肪細胞があり、体温を維持し、外に逃がせないようにする断熱材としての役割や、エネルギーを貯蓄する役割を担っています。また外からの衝撃や圧力を和らげるクッションの働きをしています。
皮膚の構造について簡単に説明しましたが、理解していただけましたか?

さて、ではここから線維芽細胞について詳しく見ていきましょう。

線維芽細胞とは?



線維芽細胞は、私たちの肌のハリや弾力のもととなるコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を作り出す、源となる細胞です。線維芽細胞が活発に働いている間はコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸の新陳代謝がスムーズに行われ、ハリと弾力のある瑞々しい肌を保っています。しかし、老化や紫外線などのダメージにより、線維芽細胞が衰えて働かなくなると、新陳代謝は鈍り、コラーゲンやエラスチンが変性することで弾力を失い、ヒアルロン酸が失われることで水分が減少していきます。その結果、真皮組織は緩んだ状態となり、皮膚にシワやタルミが表れるのです。つまり、若々しい肌を保つには、真皮の中で活発に働きまわる線維芽細胞が必要というわけです。

長々と説明してきましたが、線維芽細胞の3つの働きについてまとめると、


●コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸を産み出すこと

●細胞分裂を行い、自分自身、つまり線維芽細胞を増やすこと

●コラーゲンを束ねて真皮の構造を作り上げること

です。

線維芽細胞、たくさんの働きを持っていますよね。

そんな線維芽細胞について、理解できましたか?

ハリ、弾力のある若々しい肌を保つためにとっても大切な細胞、それが線維芽細胞なんです。つまり、線維芽細胞を活発にすることでより美しいお肌でいることができるんです。
プロフィール
管理者:お肌の健康を考えるブログ

<< 2017年 04月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新記事
リンク集