2018年09月

乾燥肌の対策とは?

2018年09月23日
乾燥肌の対策とは?


導入



気温の下がる冬場にだけ、乾燥肌対策をしていませんか?
多くの女性は、「春と秋は特に何もしなくていいや」とスキンケアを怠りがち。

実は、肌の乾燥は年間を通して起こります。
季節問わず保湿しておかないと、年齢を重ねてから後悔することになりますよ。

今回は、乾燥肌を防止するための対策方法について解説します。




乾燥肌対策は年間を通して必要



肌の水分保持力が下がることで、春夏秋冬に降り注ぐ紫外線をはねのける力が弱まります。
そうしてバリア機能が低下してしまうと、乾燥だけでなく炎症を引き起こすのです。
これを防止するには、年間を通して乾燥肌対策をすることが大切です。
職場の冷暖房や、ホコリのせいでカサカサがひどくなってはいませんか?

乾燥肌にありがちな悩みとして、“皮膚のかゆみ”も挙げられます。
これは一種のアレルギー反応であり、肌の水分量が足りていないために起こる症状です。

こうした厄介な症状が出ることで、女性の楽しみであるメイクが上手くいかなくなったり、実年齢よりも上にみられる“老け顔”になってしまいます。

よって、乾燥肌対策は、冬だけでなく年間を通して行う必要があるのです。




保湿が乾燥肌対策に最も効果的



紫外線対策として日焼け止めを塗る女性は多いのですが、保湿の面で間違ったスキンケアをしている例が多く見受けられます。

つまり、乾燥肌対策に最も効果的な保湿を正しく行うことで、ほかの女性の何倍も早く皮膚の状態が改善するのです。

●入浴後は20秒以内に保湿で乾燥肌対策しよう

化粧崩れやバリア機能の破壊の原因となる乾燥肌には、入浴後すぐの保湿が効果的です。

お風呂を出てから20秒以内に化粧水・美容液・乳液を塗ると良いので、手と顔周りをタオルドライしたらすぐにスキンケアに入りましょう。

このとき、手や顔が湿った状態で保湿しないように注意が必要です。
乾燥肌対策用の化粧水には、有効成分がベストな配合率で含まれています。
不純物が混じることで、本来のスキンケア効果が得られない場合があるので、ご注意を。

●保湿剤の塗り方にも注意が必要

入浴後にただ保湿するのではなく、クリームの塗り方にも気を配りましょう。
ポイントは、できるだけ肌に摩擦を加えないことです。

過度な摩擦は角質層を傷つけ、よりバリア機能の働きを悪くします。
これらの対策方法を実践することで、乾燥肌とは無縁の皮膚を手に入れられます。



プロフィール
管理者:お肌の健康を考えるブログ

<< 2018年 09月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新記事
リンク集